言の葉

コト-モノ 語り

コトとモノの、その間

応援団長の少女

今週のお題高校野球

 

応援団長の少女だった。

 

といっても、今から10年以上も前になるのか。当時、小学生の時分にとっては、かっこいいお姉さんだった。とてもとても、かっこいい、お姉さんだった。

 

甲子園に向けた地方予選。野球が好きでまだ野球の夢を見ていたあの頃、父親に連れられて高校野球の観戦に来た。

なんとなく、こっちの方が空いてそう、などという理由で、とある高校の応援席に座った。

 

お姉さんが、高校生男子が着用する学ランを着て、応援をしていた。それも応援団長。ちゃんと男子もいるにもかかわらず。それでも、そのお姉さんが応援団長であった。

 

メガネをかけて、腕を組んで、凛々しい表情で、険しい顔で。

 

まだ、看護「師」ではなく、看護「婦」と呼ばれていた時代。暑い夏の日差しの下で、女の人が学ランを着て応援をしていることに、しかも男の人を差し置いて応援団長をしていることに、驚いたことを、憶えている。

 

点が入ったりファインプレーがあったトキ、チャンスで回が終わってしまったトキ、周りの応援部員や野球部員は、もちろんのこと、一喜しては一憂する。ただ、応援団長のお姉さんは違った。

 

どんなに良いプレーがあろうと、どんなに悪いプレーがあろうと、険しい顔は、そのまま。文字通り、眉一つ動かさず、組んだ腕も微動だにしない。

もちろん、攻撃側になれば全力で応援。声を張り上げ、腕を大きく振り、周りの部員やブラスバンドに指示を送り、一糸乱れぬ集団を作り上げ、スタンドが一体となり、一つの息をした。

お姉さんの鬨の声が、プレーをする選手たちに意志を伝え、味方を鼓舞し、相手を威圧した。

 

野球のプレーをするだけが、高校野球でないコト。応援をする人たちが、確かにいるんだというコト。必死に、全力に、懸命に、生きる人が確かにいるんだってコト。いろんなコトを示していた。

 

勝負が終わった。

僕たちの座った、お姉さんが応援する高校が勝利した。

 

いつも試合終了で帰るのだけれど、その日だけは違った。見たかった。応援団長がどのように撤収していくのかを。

 

そしてそこで、はじめて知った。試合が終わると、相手を讃えるため、応援団長を中心に相手に向かって、互いに応援をし合うのだということを。

 

周りがどれだけ浮かれようと、試合が終わってベンチがザワザワしようと、応援団長のお姉さんだけは違った。試合中と変わらない。険しい顔をし、腕を組む。そして、大きな声で腕をいっぱいに振り、応援をする。最後まで。

 

その姿が、どれほど、かっこよかったか。

 

後日、勝ち進む先で、その高校の試合がテレビ中継となった。

 

試合は負けてしまった。

 

それでも、中継は行われていた。

 

試合後の相手との応援合戦。

 応援団長のお姉さんの顔がアップにされていた。

 

凛々しい表情、険しい顔、腕を組む姿。

それは、あの日に見た光景と同じ。

 

ただ、たった一つ、違っていた。

 

涙が、溢れていた。

 

それでも、顔を拭うことなく、メガネを外すこともなく、険しい顔のまま、涙が溢れていた。

 

相手チームに向かっての応援。

涙に溢れながらの応援。

 

美しかった。

 

今となっては、あの応援団長の少女がどの高校のチームだったのかすら忘れてしまっている。その後、高校を卒業してどうなっているのかなど、知る由もない。

 

それでも、はっきり憶えている。

あの、応援団長の少女が、そこに確かにいたことを。

あの、全ての力を振り絞っての応援を。

 

夏の野球の季節、

苦しいトキ、

 

あの少女を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんのために映画を撮るの

花に嵐 | ケイズシネマ

 

f:id:anngo-17:20170731225748j:image

 

自主映画というのを、しっかりと観たのは、はじめてかもしれない。

 

これからの、時代を創る人の、映画。

 

想いがあって、

余計なものばっかりで、

無駄にいろんな手法使ってて、

意味わからなくて、

気持ち悪くて、

 

全てが混沌としていて、

 

美しい。

 

今日を忘れないために、

忘れてしまった昨日を思い出すために、

 

映画を撮る。

 

やり方がわかるからやるんじゃないでしょ?

やりたいからやるんでしょ

 

その台詞、そのもの、だった、な。

 

こういう映画を、観ていたい。

 

青春。

愛するアイスと選択肢

今週のお題「好きなアイス」

 

愛する

アイス

 

チョコが好き。

 

生チョコがおいしいアイスバー(マルチパック)

アイスバーを噛んだときの、『ネチョ』感としっとりした『甘さ』がたまらない。

生チョコのダイスカットを噛んだときの、『硬さ』とアイスバーとは違う『甘さ』がたまらない。

アイスバー全体の特徴を、2つが相互に醸し出す。

 

たまらない。

 

好き。

 

「なんだか疲れたなー」ってとき、朝に「ボー」っとしてるとき、頬張りたくなる。ペロペロしたくなる。

 

ペロペロ。

 

お酒に酔ったときは、これのモナカバージョンをコンビニで求めたくなる。

モナカに水分が取られて、アイスバーでまた水分を吸収していく、あの感覚。

わかっていながらも、歯を立てて噛んで、歯茎がキーンとする、あの感覚。

 

ガブッリ。

 

イタッイ。

 

たまらない。

 

好き。

 

ちょっと酔い覚まし。

 

スヤスヤ。

 

ここで、ちょっと考える。

選択肢について。

 

『選択肢ははじめから一つに決めておいた方がいい』

 

よく聞く言葉。

 前のオバマ大統領にしろ、アップルのスティーブ・ジョブスにしろ、日本だと堀江貴文もだったっけかな?ロボット工学は大阪大学の石黒先生は確かに言ってた。

 

例えば、服。

朝、忙しいであろうトキ。

いろんな選択肢があってそこに迷ったりして労力をかけたり時間をかけたりするよりは、いっつも同じのを着ておく方がいいじゃん、って。

 

たしかに、

たしかに、

その通り。

 

「あれ着よう」って頭の中で着てても、実際に着てみると想像と違ったりってこと、ある。

そうすると、また、時間が、過ぎる。疲れる。

 

一つに決まってるとやりやすい。

 

でもね、やっぱり思うんだ。

 

迷ったりするのも、大事なんじゃないんかなって。

迷ったりするのは、楽しいんじゃないんかなって。

 

 迷う範囲が、その人の、その世界の幅。

知っているから、迷うんだ。

好きだから、迷うんだ。

迷える範囲の中で、迷ってしまうんだ。

迷ってしまう範囲の中で、迷うんだ。

 

迷っていたい。

 

だから、たまにはあり得ない選択肢も試してみる。

 

世界が広がる。

かも、

しれないから。

 

違うアイスの方が、おいしいかもしれないから。

 

でも、やっぱり。

 

好きなのが、好き。

 

生チョコがおいしいアイスバーが好き。

 

選ぶ。

 

なんのために『勉強』をするのか。

小・中・高

それぞれの段階で、お国が決めた内容を、学ぶ。

 

決められた、クラスで。

決められた、先生で。

決められた、席で。

 

なんのために?

勉強をすると、なにが得られるの?

 

受験のためでは、虚しい。

その場しのぎでは、空っぽだ。

 

例えばそこに、

 『水』があって。

 

そこに、なにを、想うのか。

 

それこそが、勉強を、

自分の『モノ』と自分の『コト』

にした証拠だと、思う。

 

生物学や栄養学からの、『水』

人体の6〜7割が水。1日に2ℓ位の水分が出ていくから、1日に1.5ℓの水と食事から0.5ℓ分を摂ることが必要。

 

社会学からの、『水』

水のないところに文明は発達しない。水を通し、ライフラインの確保が、社会を築くために、非常時に備えるために、必要。

 

古典学からの、『水』

鴨長明の「方丈記」、太公望の「覆水盆に返らず」、などなど。

 

哲学からの、『水』

人類最初の哲学者であるタレス。「万物の源は『水』である。

 

勉強すれば、なにかを発見できる。

勉強すれば、いろんな見方で世界を見れる。

 

視点を、多く。

視野を、広く。

視座を、高く。

 

それをするためには、勉強が、必要。

 

トキに、

趣味や大学では、「自分の知りたいコトやモノ」が中心。

対して、

小・中・高では、「生きてく中で大切だよっていうコトやモノ」がほとんど。

 

「自分の知りたいコトやモノ」

「生きてく中で大切だよってコトやモノ」

 

どっちも、大切なんだと思う。

当時はよくわからなかったけれど、今はそう思う。

 

大切なコトやモノって、そのトキはわからない。

失ったトキ、

改まったトキ、

はじめてわかる。

わかったトキには、遅かったりする。

 

だから、大切なんだと思うよ。

 

『勉強』するって、さ、。

 

それが、『魅力』に、なるから。

 

 

 

 

 

光のぼんやり

光のぼんやりが、好きです。

 

とても、好きです。

とっても、好きです。

 

f:id:anngo-17:20170721221604p:image 

 

なにかなつかしくて。

どこかせつなくて。

 

そこに命を感じるからかな。

 

もうしばらく待っていれば、消されてしまう。

真夜中には、消されてしまう。

 

それでもまた、

明日の夜になれば、灯される。

 

それでもそれは、

お祭りが終われば、おしまい。

 

いなくなる。

 

束の間の、灯し火。

 

懸命に、なれ!!

懸命になることって、いいなって。

 

高校時代くらいまでだと、どうも、「ダサい」とか「めんどくさい」とか、まぁ、あるんだろう。

 

ただ、

いろんなコトをやってみて、

経験してみて、

うだってたトキもあって、

ものすんごいやってたときもあって。

 

やっぱり、懸命にやってたトキの方が、よかったのかなって、思う。

 

そっちの方が楽しい。

後で話のネタになる。

人と繋がれる。

 

効率がどうのとか、

成果がどうのとか、

そういうのもわかるのだけれど、

 

やっぱり、いいなって思う。

懸命に、生きるって。

 

そういう人と、話しをしたい。

 

懸命に、なる。

 

 

これからの時代-"科学"、"時代"、"自由"。

"科学"は『なんのため』に発展したのか。

 

『幸せ』のためか。

戦争などで『勝つ』ためか。

森羅万象の『真理』を解き明かすためか。

 

その全てが"答え"であるのだろうし、

また、

一つの"答え"はないのだろう。

 

はじめ、

古代ギリシャの人々は、『神の真理』を解き明かそうと、数学や物理を発展させ、

とまれ、

100年前の人々は、世界の国々に『勝とう』としコンピューターを開発した。

時代によって、その"答え"は変わるのだろう。

 

では、「現代」、は?

 

2003年に人間の遺伝情報である「ヒトゲノム」が明らかとなり、ES細胞やiPS細胞の進展に繋がった。2016年はVR元年とも呼ばれ、「仮想現実」の世界がいよいよ現実のものとなろうとしている。AIが人間を支配するとも、言われてもいる。

 

誰にも止められない、"時代"のうねり。

新しい"時代"は、常にやってくる。

 

たまに、うっとおしくなることがある。

たまに、不安になることがある。

たまに、恐ろしくなることがある。

 

どこまで、便利に、なるのだろう。

 

"時代"の「常識」は、常に襲いかかってくる。

気付けば、携帯電話が普及して、

気付けば、mixiが普及して、

気付けば、twitterが普及して、

気付けば、LINEが普及している。

それが出来なければ、 置いていかれてしまう。

 

学校で教えてもらう知識や教養なんてほんの一部。それでも、いつの間にか、周りは知っている。

 

これ以上、便利になる"必要"があるのか。

これ以上、科学が発展して"幸せ"になるのか。

 

わからない。

 

それでも、"幸せ"だと思って日々を送りたい。

 

 かつて、19世紀前半、ドイツの哲学者・ヘーゲルは「歴史哲学」をまとめ、以下のように考えた。

哲学が歴史に赴く際に携えてくる唯一の思想は、単純な"理性"の思想。つまり、"理性"が世界を支配し、世界の歴史も"理性的"に進行する。

"理性"の結晶とも言える"科学"は、ヘーゲルの生きた時代の後、確かに、世界を支配しようとしているのかもしれない。今や"科学"は生活の大部分を担っている。

 

 そして、次のようにも述べている。

歴史の究極目的は"自由"である。この究極目的を達成するための手段は"個人"である。

なるほどそうなのかもしれない。科学の発展によって、それに縛られながらも、それを取捨選択する"自由"を手に入れようとすることができようとしているのかもしれない。そしてそれは、"個人"によって、異なっている。

 

VRとARの発展によって、動くことなく、様々な場所に行く"自由"を手にすることができつつある。AIがより発展し、それをうまく利用できる人は、これを使って時間やお金から"自由"になることができるだろう。医学の発展により、不老不死を手に入れる"自由"を得る人もいるのだろう。

 

それらの、"自由"を、選ぶのは、"個人"、だ。

 

ヘーゲルの歴史哲学の本来の意味合いがこのようなことではない。が、そのようにも考えられるのでは、ないか。

 

  • 世界はそもそも、"幸せ"になることを目指していない。
  • "個人"が"自由"となるために、新しく時代は生まれ変わる。

 

では、これをもって、次の『問い』を、

また考えてしまう。

 

"自由"とは、"何"か。