言の葉

コト-モノ 語り

コトとモノの、その間

応援団長の少女

今週のお題高校野球

 

応援団長の少女だった。

 

といっても、今から10年以上も前になるのか。当時、小学生の時分にとっては、かっこいいお姉さんだった。とてもとても、かっこいい、お姉さんだった。

 

甲子園に向けた地方予選。野球が好きでまだ野球の夢を見ていたあの頃、父親に連れられて高校野球の観戦に来た。

なんとなく、こっちの方が空いてそう、などという理由で、とある高校の応援席に座った。

 

お姉さんが、高校生男子が着用する学ランを着て、応援をしていた。それも応援団長。ちゃんと男子もいるにもかかわらず。それでも、そのお姉さんが応援団長であった。

 

メガネをかけて、腕を組んで、凛々しい表情で、険しい顔で。

 

まだ、看護「師」ではなく、看護「婦」と呼ばれていた時代。暑い夏の日差しの下で、女の人が学ランを着て応援をしていることに、しかも男の人を差し置いて応援団長をしていることに、驚いたことを、憶えている。

 

点が入ったりファインプレーがあったトキ、チャンスで回が終わってしまったトキ、周りの応援部員や野球部員は、もちろんのこと、一喜しては一憂する。ただ、応援団長のお姉さんは違った。

 

どんなに良いプレーがあろうと、どんなに悪いプレーがあろうと、険しい顔は、そのまま。文字通り、眉一つ動かさず、組んだ腕も微動だにしない。

もちろん、攻撃側になれば全力で応援。声を張り上げ、腕を大きく振り、周りの部員やブラスバンドに指示を送り、一糸乱れぬ集団を作り上げ、スタンドが一体となり、一つの息をした。

お姉さんの鬨の声が、プレーをする選手たちに意志を伝え、味方を鼓舞し、相手を威圧した。

 

野球のプレーをするだけが、高校野球でないコト。応援をする人たちが、確かにいるんだというコト。必死に、全力に、懸命に、生きる人が確かにいるんだってコト。いろんなコトを示していた。

 

勝負が終わった。

僕たちの座った、お姉さんが応援する高校が勝利した。

 

いつも試合終了で帰るのだけれど、その日だけは違った。見たかった。応援団長がどのように撤収していくのかを。

 

そしてそこで、はじめて知った。試合が終わると、相手を讃えるため、応援団長を中心に相手に向かって、互いに応援をし合うのだということを。

 

周りがどれだけ浮かれようと、試合が終わってベンチがザワザワしようと、応援団長のお姉さんだけは違った。試合中と変わらない。険しい顔をし、腕を組む。そして、大きな声で腕をいっぱいに振り、応援をする。最後まで。

 

その姿が、どれほど、かっこよかったか。

 

後日、勝ち進む先で、その高校の試合がテレビ中継となった。

 

試合は負けてしまった。

 

それでも、中継は行われていた。

 

試合後の相手との応援合戦。

 応援団長のお姉さんの顔がアップにされていた。

 

凛々しい表情、険しい顔、腕を組む姿。

それは、あの日に見た光景と同じ。

 

ただ、たった一つ、違っていた。

 

涙が、溢れていた。

 

それでも、顔を拭うことなく、メガネを外すこともなく、険しい顔のまま、涙が溢れていた。

 

相手チームに向かっての応援。

涙に溢れながらの応援。

 

美しかった。

 

今となっては、あの応援団長の少女がどの高校のチームだったのかすら忘れてしまっている。その後、高校を卒業してどうなっているのかなど、知る由もない。

 

それでも、はっきり憶えている。

あの、応援団長の少女が、そこに確かにいたことを。

あの、全ての力を振り絞っての応援を。

 

夏の野球の季節、

苦しいトキ、

 

あの少女を思い出す。